三万円の不思議な薬2


不思議なおばさんから、三万円の不思議な薬を手に入れた女の子は、家に帰ってから沢山絵を描きました。

面白い程にこれまで描けなかった難しい構図やポーズがスラスラと描けました。表情も髪の毛の流れも動きも思いのままです。

嫌いで書かなかった背景も、パースが狂っていない写実的なものが描けました。

頭で思い描くものがすべて思いのままでした。

描く度に笑いが止まらなくなった女の子は、上手く使えないからと投げ出して放置してたコピックと、漫画用のつけぺんを思い出したように取り出しました。

つけぺんは、女の子が薬を手に入れる前、インクが飛び散るから、インクが余分に出るから嫌だと投げ出した物でした。

しかし、薬の力を手に入れてつけぺんを使えば、線が思い通りに引くことが出来ました。

コピックは、女の子が薬の力を手に入れる前、友達のコピックの着色に憧れて買ったものの、滲むから嫌と途中で投げ出したものでした。

しかし、薬の力を手に入れてコピックを使えば、一切滲むこともなく、漫画家のような着色ができました。

女の子は、出来た絵をみて更に笑いが止まらなくなりました。

これはぴくし部に投稿するしかないと考えた女の子は、描いた絵すべてをぴくし部に投稿しました。

薬を使う前では取れる事のなかった閲覧数を、短時間で得る事が出来、薬を使う前は取れなかった200点以上の評価も短時間で取ることが出来ました。沢山ブクマやお気に入り登録してくれる人も現れてくれました。

女の子は笑いが更に止まらなくなりました。

こんな素敵な絵をあげれば、友達に申し訳ないという気持ちは無くなる。

きっと、絶対に、こんな画力なら心から友達は喜んでくれる。

心の底からそう想いました。

しかし、友達とのお絵描き大会で友達に薬の力で描いた絵をみせると、友達の反応は意外なものでした。

『ちょっと・・・これ、ホントにゆりちゃんの絵なの!?』

友達は薬の力で描いた女の子の絵に対して、驚くと同時にとても悲しそうにしてました。

女の子にありがとうと言ってくれる事はありませんでした。

続く

三万円の不思議な薬

三万円の不思議な薬。


プロローグ

女の子は、とても絵が下手です。

おえかき大会でいつも自分より上手な友達に素敵な絵を沢山貰っているのに、自分は友達に下手な絵しか渡せない事にいつも申し訳なさを感じていました。

自分のあげた絵に対しての友達はいつも「ありがとう」と言ってくれます。でも、友達は優しいからきっと下手な私を傷つけないために気を使ってくれてるんだと思いました。

女の子は、友達のくれた素敵な絵に相応しいお礼の絵を描きたいと頭では思っているのに、実際は、稚拙的で幼稚な絵しか描けません。

そのことをとても悲しく思いました。

「すぐにでも友達の素敵な絵に分不相応でない絵を差し出せるような画力が身につけばいいのに....」

女の子は強く思いました。

友達に本心から喜んでもらいたいと思うからです。友達みたいに描けない大嫌いな自分から早く逃れたいからです。

でも、その後とんでもない事がおこるとはおもいませんでした。


一話

おえかき大会した友達と別れた後、女の子は友達に貰った上手な絵に心が踊るものの、気持ちは落ち込みます。

友達に対して「ごめんなさい」と言う気持ちでいっぱいでした。

友達のことを想うたびに上手にかけない自分を嫌に思いました。

こんな上手な絵をいつもありがとうの気持ちを絵で表したいのに分不相応な下手な絵でしか表せない自分を嫌に思いました。

女の子は、暗い気持ちで帰り道あるいていると、近所の公園付近で、見知らぬ優しいおばさんに出会いました。

「こんな顔してどうしたんだい?」優しげな顔でおばさんは女の子に話かけました。

おばさんのほっとさせる雰囲気に負けて、女の子は、モヤモヤしてる今の気持ちを話しました。

おばさんは、ニコニコしながら女の子の話をきいてくれました。

一通り女の子の話聞いてくれたあと、おばさんは、小さい瓶に入ったジュースのようなものを取り出し、女の子に差し出しました。

「これを飲んでごらんなさい。」

女の子は、おばさんのくれたジュースを一気に飲みました。若干薬のような苦さはあったがオレンジジュースの味がしました。

「お嬢さん。絵を、描いてごらんなさい。」

おばさんはジュースを飲み干した女の子に言いました。

女の子は、嫌々紙とシャープペンシルを取り出して絵を描いてみました。

するとどうでしょう?

自分の想像通りに絵が描けました。自分の腕じゃないみたいに描けます。それも、プロの漫画家のような絵です。

女の子は、信じられないと思いながらも嬉しい気持ちでした。

「これなら、友達もきっと本心で喜んでくれる!!!」

心の底からそう思いました。

「お嬢さん、この薬は一つ三万円だよ。気に入ったなら買うかい?」

おばさんは、今度は大きな瓶を取り出して女の子に言いました。

「買う!!買うわ!!!」

女の子はおばさんの問いに即答して三万円をすぐに貯金からおろして薬を購入しました。

薬を手に入れた女の子は、笑いが止まらなくなりました。

続く。

初めてのパイ生地の挑戦。

昨日初めてパイ生地作りをした。

生まれて初めてだったり、前からやりたいと思ってただけに、昨日全力で楽しんだ。

冷静に考えれば焼くのは今日にすれば良かったのに、焼くのが待ち遠しくて4時過ぎから10時過ぎまで作業やる事態になった。夕食は食べたのだけど笑。


f:id:mina0611:20180512164110j:plain

生地作りはバター溶け出してしまわないようにと焦ったけどそれでも楽しかった。伸ばして折ってねかせる作業の繰り返しのお陰でめんぼうを使い慣れてきたことは嬉しい。


粉とバターを混ぜ合わせる作業も、バター伸ばして生地に織り込む作業も焦ったのにどちらも好き。



f:id:mina0611:20180512164010j:plain

ちょっ焦げたけどパイの層が出来上がって膨らんだのには感動した。


f:id:mina0611:20180512163933j:plain

今日、作ったカスタードを入れて朝たべてみたらサクッとしてて美味しかった。チャレンジしてほんとよかった!!


f:id:mina0611:20180512163911j:plain

今日余った生地を切ってから焼いたもの。

焼きたてを食べて見たくてカスタード入れずにたべてみたらそれでも美味しかった。


昨日思い切ってチャレンジしてほんとに良かった。パイ作り、今度はアップルパイチャレンジしてみたい!!

手芸部活動


f:id:mina0611:20180320124716p:plainf:id:mina0611:20180320124735p:plain


ゴウザウラー 25周年を祝うタグでハンドメイド作品を載せたら、公式の方から反応があった。


私は夢か嘘か目を疑って何度も見返したけど、それは嘘ではなくて、おもわずウルッとしてしまったのだ。


拙い出来にもかかわらず、公式の方の目に止めてもらえたのは嬉しいことだから。


サンライズさん本当にありがとうございました。


作品と手作りがすきってことから始めた活動だけど、やってて本当に良かった。


これからも続けて行きたい。上手くなって行きたい。


そして最近は、勇者シリーズ手芸部活動もやってみようかとも検討してる。

かわづ祭り

京都であるかわづ祭に委託という形で参加します。初めて、自分が作った編みぐるみでイベント参加になります。なんだかまるで初めてのサークル参加のような気持ちです。


同じ参加者様に比べ出来が拙いかもしれないけど、今できる私の精一杯を詰めたつもりではあります。


委託なのに何を言うって話ですが、目に留めていただけるだけでも多分泣いて喜びそうになります。


f:id:mina0611:20171005123252j:plain

笑ってカエル(編みぐるみ)

笑って帰れますようにという願いを込めて。


f:id:mina0611:20171005123930j:plain

ネガエル(編みぐるみ)

いい夢見れますようにという願いを込めて。一点物です。抱き枕風編みぐるみ。


f:id:mina0611:20171005124154j:plain

モッテカエル(スマホカバー)

初めてスマホ入れを作ったもの。花飾りが個人的に気に入ってる。


腕はまだまだですが、素敵なイベントの参加を受け入れてくれた主催者様には感謝しかありません。


来月のあみコレも頑張ります。だって、去年あみコレに行ってみて、素敵な編みぐるみの癒し空間をみて、私もその空間を作る一員になりたいと思ったことが編みぐるみ協会に入ろうと思ったきっかけです^_^



和束のかわづ祭

日時:2017年10月9日(月・祝)

場所: 京都府相楽郡和束町 大北リサイクルセンター敷地内

気づいたレベルアップ

エルドランシリーズのハンドメイドをやりたいからと始めたエルドラン手芸部。最近フォロワーさんが新しく入ってくれてとても嬉しかった。


しがない部長笑兼主催者ではありますが、小物のクオリティとこの活動を私なりに良くしていければと思う。


ぶきっちょで失敗も多いのに見てくれる方々には感謝しかないよ。


とりあえず、最近の手芸部活動報告。


f:id:mina0611:20170827091835j:plain

ライジンオーのパイスーを編もうとして失敗したもの。模様に気を取られて袖の部分のことを忘れた故の失敗。


f:id:mina0611:20170827091737j:plain

ライジンオーパイスー二回目のもの。以前よりはそれっぽくなったが袖の部分がきちゃなくなったのが難点。でも、大事に取っておきたい。


f:id:mina0611:20170827091701j:plain

あと一息を感じるライジンオーパイスー。襟の部分はあれだが、袖の部分はかなりそれっぽくなった気がする。


ライジンオーパイスーで張り切りすぎてメンタルがガクンとここでよわってぐったり休んだわけだが…よわって休んでふとやってみたいと思ったことで私の中で奇跡が起きた。


f:id:mina0611:20170827091447j:plain


f:id:mina0611:20170827091407j:plain


息抜きか、ふとやってみたいかで作ってみた五郎君の新春服のダッフルコートで、苦手だった袖や襟、あと細かい部品が綺麗になったような…

あと、編み方早くなったような…


f:id:mina0611:20170827091345j:plain


f:id:mina0611:20170827091238j:plain

f:id:mina0611:20170827091122j:plain


新春服の完成品。

まだまだな部分もあるけどなんだか私は嬉しくなったのだ。いつの間にかレベルアップできたことに気付けて。


ああ、私は私のペースで焦らずレベルアップしてけばいいんだよなと当たり前にも気づけて良かった。


見落としてた上達に気づけて良かった。